Sacs MILLET ミレーが輝いていたころ

広 告
takaginotamago_after-artcle#2_336*280

■Sacs MILLET !

人でもモノでも、まばゆいばかりに光り輝き、みんなの憧れの的であったのが、いつの間にやら輝きを失い、気づいてみれば・・・・・・というのは、ときどきある話だと思います。

タイトル画像のラベルは、MILLET(ミレー) というフランスの登山用ザックのメーカーの製品についていた三つ折りの紙ラベルです。
ベルトが一本の#600という製品に付いていたので、たぶん1970年代のなかばごろのものです。
写っているクライマーは、ミレー社がつくるザックのテクニカル・アドバイザーを務めていた人たちです。左からルネ・ドメゾン(仏)、ラインホルト・メスナー(独)、ワルテル・ボナッティ(伊)です。この3人を知らない人はモグリの山屋といってもよいでしょう。ミレー製品は彼らの経験や助言に基づいて、使いやすくて信頼できる道具として改良されてきました。

ミレー社は、防水加工した綿布製のバッグや肩掛けカバン(ハーバーザック)屋を起源にもつ老舗のザック・メーカーです。1950年にM.エルゾーグらフランスのヒマラヤ遠征隊が、人類最初の8000m峰アンナプルナの登頂に成功したときに使用したのがミレーのナイロン製でのザックです。それまでのザックは冬山でバリバリに凍るコットンできていましたが、ミレーが開発したナイロン製のザックによって、凍える指先でカチカチに凍ったザックを開ける苦難から解放されたことが知られています。

ザックについていた紙ラベルの裏側には、同社の製品がシャモニーの国立登山スキー学校や、シャモニー・モンブランのガイド組合などに採用されていることが記されています。国立のガイド養成所や本場のプロが信頼し愛用している、ということは世界中のクライマーからも信頼されていたわけです。カメラでいうとライカ、競技用自転車のパーツでいうとカンパニョーロのようなメーカーです。より正しく表現すると、メーカーでした。

■近頃のミレー製品

近年は中高年世代の登山ブームが続いています。テレビの登山番組やネットを眺めていると、ガイドに引率されて百名山のスタンプ集めをするおばちゃん連中がたくさん登場します。そんな人々のなかにも、MILLETのロゴのついたザックを背負っている人、ウェアを身につけている人をよく見かけます。

最近登山をはじめた方のなかには、頭の上から足元までMILLETづくしの広告塔のような人も見受けられます。たぶん、経済的に余裕があるのでしょう。でも、彼らはおそらくドメゾンもメスナーもボナッティも知らないでしょう。百名山をゲットするハンティングだけならば、知らなくても別に構いません。

百名山ブームと前後して、十数年まえから輸入代理店や日本法人がミレーブランドを使って国内市場限定の企画商品をつくったり、ウェア類やシューズなどにも手を広げているようです。もちろんミレーブランドに偽りはないのですが、かつてのようにテクニカル・アドバイザーによる厳しいチェックがはいっていません。なかには、単にデザインや見栄えだけに重きを置いた製品もあるように思います。

ミレーがウェアに手を広げた10年ほど前、薄いフリースのジャケットを買ってみました。街着としてはおっていただけですが、しばらくしてジッパーが壊れてしまいました。街で使えないモノを山で使うと命取りになります。

そういえばルネ・ドメゾンは「山の道具は雨の日に買いなさい」という有名なアドバイスの言葉を遺しています。フリースのジャケットも土砂降りの雨の日に買うべきだったのでしょう。

■一本締めのザック

最近の登山は道具から入るのが当たり前になってしまいました。ショップに行けばだれでもミレーのザックを手に入れることができますが、むかしは高嶺の花でした。登山をはじめたばかりの人間がミレーのザックを担ぐことはまずあり得ませんでした。
自分の場合でも、ボーイスカウトでハイキングを始めたころは薄いナイロンのナップザックでしたし、高校の山岳部に入って本格的な登山に足を踏み入れてからも国産のアタックザックや頑丈な帆布でできた超特大のキスリングがボロボロになるまで使いました。登山を始めて10年近く経ち自分で稼げるようになって、ようやくはじめてミレーのザックを手にすることができました。
このラベルは、たぶん初めの頃に買ったミレーについていたので、ガラクタ箱に入れて保管していたのだと思います。


左の5つが「一本締め」と呼ばれるタイプ

そんなミレーですのでボロボロになっても捨てたく、修理できるものは修繕し、コットン製の生地がダメになってしまったモノも含めて後生大事に保管していています。大型ガラクタ箱からとりあえず10個ほどひっぱりだし、風にあてて虫干しです。
向かって左側の5つは雨蓋のベルトを1本だけにした「一本締め」と呼ばれるタイプです。右の5つはベルトが2本ある通常のタイプです。中のものを取り出すときも2本締め半分の手間ですむので、自分はシンプルな一本締めのタイプが好きです。
左端の赤い一本締めが一番新しいミレーですが、それを買ってからもうずいぶん経ちました。ご覧のように、すでに一生使う分が手元にあるので、これ以上はもう買いません。


このサイトにあるすべての写真と文には著作権があります。無断転載はお断りします。
Copyright, Shinji TAKAGI, 2016.All Rights Reserved.
広 告
takaginotamago_after-artcle#2_336*280

フォローする

広 告
takaginotamago_after-artcle#2_336*280