(21) 潜水橋イマダ浮上セズ 粟野川

四万十川とともにすっかり有名になった潜水橋。またの名を潜り橋、沈下橋ともいいます。
その名のとおり、大水が出て川の水かさが増えたときは、流れの中に潜りこみます。流されてくる木などが橋桁に衝突して、壊されたりしないようにするために考えだされた構造です。橋を架ける費用も少なくて済むので、地方を流れる川の市町村道の橋でよく見受けられます。

山口県の西北部を流れる川に架けられていたこの小野橋も、のどかな田園の風景にとけこみ、対岸にある住宅や田畑への往来に使われていました。

しかし自然は、時として人間の思惑をはるかにこえた力をみせつけます。
この地域では1999年6月末に集中豪雨に見まわれました。そのときの大水でコンクリート製の重たい橋桁が2つ、いずこへと消え去りました。

昭和40年代にも大きな洪水があり堤防が切れたほどだったのですが、今回もそれと同じぐらいの水が出たそうです。濁流が運んできた岩が激突して木っ端微塵になったのか、それとも流れの力にさらわれたのか・・・・・・

ポツンと残された橋脚は潜水艦のブリッジのようでもありますが、いつまでたっても潜水橋が浮上して、かつての全貌をみせることはありません。


Memo
  • 流された小野橋の橋桁は、その翌年か翌々年に新しいものに架けかえられました。橋の構造がシンプルで、橋脚が大きなダメージを受けなかったので、復旧も早かったのだと思います。
  • 1枚目の写真は復旧直後の2001年の撮影、2枚目は15年経過した2015年に撮ったものです。

  • 最初のころは真新しいコンクリートが白っぽくて、まわりの景色から浮いていましたが、歳月の経過とともに次第に馴染んでいきました。
  • コンクリート構造物の景観の評価には10年ぐらいの「時間軸」というものが必要なわけです。
  • 粟野川/山口県
  • 撮影:1999/05、1999/07、2001/02、2015/11
  • 旧版公開:1999/07/15、改訂版公開:2017/05/03

・次 は▶ 川で見つけたもの(22)六郷水門

・目次へ戻る▶ 川で見つけたもの【INDEX_blog版】
・目次へ戻る▶ 川で見つけたもの【INDEX_web版】
・一覧できる地図へ▶ MAPS 川で見つけたものsensihasi

Copyright, Shinji TAKAGI, 1999-2017.All Rights Reserved.