工臨から吹田行き貨物列車へ

川西池田駅での入替え作業

工臨列車は川西池田に到着後、牽いてきたホキの前後に貨物ヤードの貨車を増結する編成作業が行なわれる。
この日は貨物量が多いのかして2両のD51が忙しそうに動いていた。

【1968年5月 撮影】

川西池田駅で出発を待つ貨物列車

午後の上り工臨7776列車は生瀬から川西池田までの運行である。
川西池田から吹田操車場間は列車番号が3784レにかわり、
受託した貨車を増結した貨物列車(営業運転の列車)として運行される。

この日はダイハツの車運車が3両増結され、その後ろに有蓋貨車が3輌、
ホッパー車が数輌続く。D5165【吹一】

【1968年4月 撮影】

川西池田駅で出発を待つ貨物列車

ダイハツのベルリーナを運ぶ車運車を増結して編成作業が完了。
16:43の出発時刻を待つ上り貨物列車。 D51520【吹一】

【1968年1月 撮影】

川西池田駅を出発

出発時刻になると腕木信号がガタンと音を立てて下がる。
煙を立ちのぼらせて吹田操車場に向けて出発する上り貨物列車。

【1968年1月 撮影】

猪名野を加速する貨物列車

川西池田をあとに吹田操車場に向けて加速する上り貨物列車。
川西池田駅の北伊丹寄りにあった栄根踏切にて。

【1968年1月 撮影】

Copyright, Shinji TAKAGI, 2011-2016.All Rights Reserved.
広 告
takaginotamago_after-artcle#2_336*280

フォローする

広 告
takaginotamago_after-artcle#2_336*280